マーケティングオートメーションとは?メリットとデメリットを知ろう


マーケティングオートメーションのメリット

自社でマーケティングオートメーションを導入している、導入を進めているという方も多いようです。マーケティングオートメーションは、文字通り、マーケティング活動を自動化できるシステムのことを言います。

マーケティングオートメーションを使うと、今までは人の手や判断で行ってきた属人化しやすい業務が誰でも行えるようになることで、効率化と人材配置の見直しが可能になります。そのことで、より収益性を見込める営業部隊の人材を厚くすることもできるでしょう。さらに、マーケティングオートメーションを使うと、顧客の興味や関心の度合いに応じたきめ細かい対応やサービスが生まれるかもしれません。加えて、マーケティングオートメーションを活用すると、社内にある顧客情報を集約して、より効果的なアプローチができるメリットもあります。

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションを使いこなすためには、いろいろな設定が必要になります。また、システムを実行して得られた結果を分析し、より良いシステムにしていく努力が求められます。そのため、マーケティングオートメーションを導入し、運用し始める段階では、部署内で経験を積んだ人材の業務負担が増すことが考えられます。マーケティングオートメーションの効果性を高めるためには、営業や情報システムなど他部署との連携が欠かせないため、思っている以上の方にシステムづくりに参加してもらうことが必要です。また、多くのマーケティングオートメーションシステムは有料で、運用の仕方によっては費用対効果が得られない場合があります。

マーケティングオートメーションは、専用のツールを用いて顧客の購買意欲を高めたり、従業員の営業活動の手間を省いたりと様々な効果が期待できます。